ロゴ
HOME>トピックス>マイホームを長持ちさせる外壁塗装は欠かさず実施しよう

マイホームを長持ちさせる外壁塗装は欠かさず実施しよう

塗装

美しく補強できる

木造建築の一戸建ては、耐用年数が30年ですが、定期的にメンテナンスを実施していれば、耐用年数よりも長持ちします。メンテナンスのポイントは、壊れてしまってから修繕するのではなく、壊れる手前で気づいて補強することです。早期発見で迅速に対応すれば、劣化のダメージが少なくなりますので、新築のころのような美しさを維持できますから、まずは調査を依頼しておくのも良い方法です。実際に、素人の判断で診断するよりも、プロの視点で確認してもらった方が、自分の住まいを客観的に見直せます。八尾は大阪府中河内地域の、平坦なエリアです。木造建築の一戸建てを、定期的に外壁塗装すれば、地理的にも気象的にも長持ちしやすくなります。外壁塗装は、どのような塗料を選んだかによって、耐久度が変わります。

ペンキ

耐熱効果も高い

大阪府の八尾市は標高差が少なく、日照条件の良いエリアが多いのも特徴です。周囲の建物の高さによって日照条件が変わってきますが、紫外線の影響は考慮しておくのが、一戸建てを長持ちさせるポイントです。紫外線そのものは、曇天の日でも降り注いでいますから、外壁塗装でUV効果が得られると対策になります。紫外線対策が強くなると、必然的に断熱性も高くなり、耐熱効果も高まります。太陽の直射日光は、建物の屋根と外壁を高温にしますので、保護効果を高めるのにも注目したい要素です。八尾の地域性を理解している工務店ならば、耐熱性を高くできる塗料を選んで施工してくれますので、どのような塗料が最適か質問して確認しながら施工してもらいます。